[memo] MySQLのアンインストール(vista編)

Windows 版の MySQL のアンインストールをするときに、
普通に「ソフトウェアの追加と削除」でアンインストールすると、結構ゴミが残る。
一番痛いのが、「サービス」に{ MySQL}が 自動起動のまま残るところだったり。

これを消したい場合は、「コマンドプロンプト」を起動して下記のように行なう。
sc delete mysql

しかし、Vistaでこれをやると「アクセスを拒否されました」となってしまう。
(UACによる制限と思われる。管理者権限が必要のようだ。)
解決方法はコマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」で起動する。
コマンドプロンプトが{管理者モード}で起動するので
sc delete mysql
として終了。

ま、サービス項目が消えていなくても、{無効}にしておけばいいのですが、
何でも消しておかなければ気が済まない方はお試しください。

広告
カテゴリー: コンピュータとインターネット パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中