K7 入れてみた

 先のトピックで K7(ウイルスセキュリティZERO) が意外と良い評価を出していたので、試しに入れてみました。
「ウイルスセキュリティ」は 2004年版以来ですから、4年ぶりです。
 acer のネットブックをソースネクストで買ったとき、一緒についてきたパッケージ版をメインで使っている VAIO (Vista SP1) に、「赤いの」を削除して入れてみました。
(ちなみに acer のネットブックには「赤いの」が入っています。こっちはさくさく動いています。なぜかw)

[インストール]
無事に終了し、再起動。
再起動すると、「アップデートしたので再起動してください」と言われてまた再起動。
再起動すると、「アップデートしたので再起動してください」と言われてまた再起動。
再起動すると、「アップデートしたので再起動してください」と言われてまた再起動。
…「大事なことなので3回書きました」ではなく、本当に再起動を要求されました。
4回目の再起動で普通に起動しました。

ネットで検索すると、「Cygwin」 と 「ウイルスセキュリティZERO」 の組み合わせは良くないらしい。
案の定いくつかのファイルを「マルウェア」「トロイ」として削除されてしまったようです。

ただ、ネットで「wgetコマンドでエラーが出る」とか「Cygwin自体が起動しない」とかは無い模様。
むしろ「赤いの」…いや、「ウイルスバスター2009」がいたときより、Cygwin の起動が速くなったような。
[08/12/242:35 追記]
なんか、いくつか削除されたものの、普通に使えているので、Cygwin はそのまま使ってみます。

評価してみた。
[スキャン]
・遅い。

[定義ファイルの更新間隔]
・だいたい一日二、三回くらい。

[定義ファイルの更新]
・でかい更新は Windows の再起動が必要。

[操作性]
・そんなに複雑ではない。

[良いところ]
・メイン画面にWindowsのアップデート情報が表示される。
・OSのサポート終了まで使える(更新料無し)。
・PCを買い換えてもライセンス分の範囲内なら使える。

[悪いところ]
・サポートの質

[08/12/16追記]
以下は改善された模様。
ウイルスの状況ページ が更新されない。(もうすぐ2009年なのに..w)
されました。
どうやら上記ページがリニューアルされたようです。わかりやすいページになったと思います。

ま、普通に使う分には、これと BitDefenderコマンドライン版Windows Defender でもそれなりにいい気もする。
・添付ファイルを不用心に開かない。
・海外のフリーウェアをあれこれ README も見ずに入れたりしない。
・共有ソフトを使わない。
・システムやウイルス対策ソフトは最新にする。
・新しいソフトウェアを使う前にウイルス・スパイウェア対策ソフトでチェックする。
を心がければ。

注1: 頻繁にウイルスに感染しているならば、それはどこかに穴があるはずなので、使い方を改めた方が良いと思う。
普通の使い方をすれば、ウイルスに感染することはほとんど無い。トラッキングCookie が見つかることはあれど。

広告
カテゴリー: セキュリティ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中