Vistaの無駄なサービスを無効化してみた

 最近、そこまで Vista が重いとは感じなくなってはきたものの、ごくごくまれにもたもたしたりすることがあったため、無駄なサービスを無効化して、軽量化しようと考えました。

 ただ、この手の記事ってググればいくらでも出てくるのですが、記事によっては WindowsUpdate 関連や Windows Defender 関連のサービス、Windows Firewall を無効化したりと無茶をやり過ぎていて何も知らずに危険な状態にしそうな感じのものも多いようです。

 とりあえず、後々のメモもかねて、セキュリティ的、動作的に支障がなさそうと思われる(少なくとも私の環境ではトラブルが起きていない)サービスをリストアップしてみましたので、自己責任でどうぞ。

(2009/9/7 更新)

サービス名

内容

Certicate Propaggation

スマート カードの証明書を伝達。
クレジットカードと同じくらいの大きさのICカードでユーザーを認証するセキュリティー強化機能で使用には別途にカードリーダが必要となる。

IKE and AuthIP IPsec Keying Modules

IPsec関連。使っていなければ無効で可

IPsec Policy Agent

IPsec関連。使っていなければ無効で可

Superfetch

「長期間にわたり、システム パフォーマンスの維持および向上を図ります。」
とのことだが、環境によってはオフの方がフリーズが少なくなるので良いかも。特に仮想マシン上でVistaを動かしている場合は、オフの方が快適に動くような感じです。

Remote Registry

ネットワーク経由にてパソコン内のレジストリを操作する。一括管理したいという企業向けの機能と思われる。一般家庭では不要。セキュリティー上、停止推薦。

Tablet PC Input Service

TabletPC 使用でのペン入力等をサポート。

TCP/IP NetBIOS Helper

BIOS(プログラム)にてTCP/IPを利用するネットワーク通信の一つで Windows98/ME とファイルの共有をしない場合は停止可。

TPM Base Sevices

指紋認証(暗号化)等の機能を持たないPCの場合は不要。

WebClient

「このフォルダを Web に公開する」機能は使わないのなら停止可。

Windows CardSpace

デジタル ID の作成、管理、および公開を安全に有効にします。一般ユーザーには不要。

広告
カテゴリー: コンピューターとインターネット パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中