VirtualBox 2.1.4 リリース

VirtualBox 2.1.4 が 2009-02-16 にリリースされたようです。 ChangLog を見ると今回も多くのバグFix がされているようです。
一ヶ月で更新とは..どんどん完成度が高くなっているようですね。
特にここら辺の修正が大きい…Windows host では更新しておくと良いみたいですね。

  • Windows hosts: fixed host crashes/hangs on certain 32 bits Windows systems when running Linux guests (bugs #1606, #2269, #2763)
  • Windows Additions: fixed ERROR (e0000101) error during installation (bug #1923)
  • Windows Additions: fixed Windows Explorer hang when browsing shared folders with 64 bit guests (bug #2225)
  • Windows Additions: fixed guest screen distortions during a video mode change
  • Windows Additions: fixed the Network drive not connected message for mapped shared folders drives after the guest startup (bug #3157)

時間を見て更新して、またレポートをしようと思います。

[同日追記]
 ゲストOSとして Windows Server 2003 を使っている場合、2.1.2 まででは再起動できなかったのができるようになっている気がします。ただ、Windows Server 2003 と 2000 に GuestAddition を入れようとしたところ、プチフリーズしました(2.0.2 2.1.2 では再現しなかった問題です。また評価で入れている Windows 7 beta でも GuestAddition 導入時のプチフリーズは再現しない模様)。ま、ちょっと待てば良いだけなんですが。
[2/18 22:12 追記]
 OSX 10.5 に入れていた VirtualBox を 2.1.2 から 2.1.4 にしてみたところ、Windows Server 2003 を起動した時点で Java 関連のエラーが出ました。[OK] を押してもまた同じエラーが..と言う風に無限にエラーが出ました。ただ、Guest Addition 2.1.4 を入れてゲストの Windows Server 2003 を再起動したところエラーが出なくなりました。Mac OSX 10.5 で Windows をゲストとして使っている場合は注意が必要です。(同バージョンの Windows 版ではこの問題は再現しません。)
[2/19 23:04 追記]
 同上の Mac で問題が発覚しました。 VirtualBox を 2.1.2 から 2.1.4 にしたら Sles10SP2 がロードしなくなりました。途中までロードした後電源が切れてしまいます。また、 Windows版 VirtualBox 2.1.4 に入った openSUSE 11.0 も、同様に起動しなくなりました。今のところ、CentOS 5.2 は Win/Mac ともに VirtualBox 2.1.4 で問題なく動いていますが、SUSE 系を使われている方は要注意です。

広告
カテゴリー: 仮想化 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中