ML115 G5 4GB 認識に (一応w) 成功

ML115 G5 にはいわゆる4GBの壁というものが存在する。
ML115 G5 はもともとサーバ機なので、グラボを搭載させてメモリを大容量積む..という環境を想定していないのか、
2GB以上メモリを搭載させるとWindows が起動しないという報告が Wiki に挙げられていました。
私もそれに悩まされていたのですが、とりあえず以下の方法で4GB認識に成功したので書いておきます。

BIOS
Advanced – ACPI settings – Chipset ACPI Configration – MCP55 ACPI HPET TABLE を disabled に変更
メモリ
CENTURY PC2-6400/DDR2-800 5-5-5(CD2G-D2UE800)*2
OS
Windows Vista x64 SP1


[追記]
ただ、なんか安定しない(電源を投入して一発で起動しないことがある)ので、しばらく様子見です。
(最初の画面で再起動をかけるとたいてい認識するようです)

[追記]
この情報は正しくありません。
 ML115G5に PCI Express なグラフィックボードを差すと、2GB(ものによっては1GB)以上のメモリを差し込んだ時点でWindowsの起動に失敗します。いろいろなバージョンの Windows (2003R2/2008/Vista x64 /XP など) でこの記事を書いて以降確認したものの、上手くいきませんでした。
一応 まとめWiki には 使えるグラフィックボード が書かれているので、それを参考に対応するものを買えば良いと言う事でしょう。
(*GB と表記されていないものはおそらく2GBまでと言う事かもしれません。また、3GB認識するものでも、1GB x 3 枚は認識するけれど1GB+2GBでは認識しないとか、メモリを差すスロットの場所とかで変わる可能性もあると思います。)
ちなみに内蔵グラボ使用ではメモリは Max 8GB (4GBx4 =16GBでも動くらしい。ただしメーカー保証外)まで利用可能である。
広告
カテゴリー: コンピューターとインターネット パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中