CentOS を 5.3 に更新

仮想マシンに入っている CentOS を 5.3 に更新しました。

VirtualBox 2.1.2 では CentOS 5.2 でディスプレイ周りの動きがおかしいことがありましたが、5.3 はいい感じで動いています。
ちなみに、最新版でsuse 系がうまく動かない問題ですが、VirtualBox 2.1.4 はopenSUSE 11.1 だと動くっぽいです。
ってことは、同ベースの sles11 だったら動くのかな。もしかすると。

Parallels Desktop(会社でのメイン) では、CentOS 5.2 のときはディスプレイ設定がなぜか起動しなかったのですが、起動するようになりました。
VMWare Server 2.0 (自宅でのメイン) では、相変わらず問題なく動いています。

Java は openJDK 1.6.0_9 がインストールできるようになりました(もちろん、従来の1.4系もインストールできます)。
ただ、Firefox に関しては 3.0.6 が最新の模様です(ところがなぜか、CentOS 4.7 だと 3.0.7 が拾えるのですが)。

使用感ですが、デスクトップOS として使う分には、5.2 と特に変わらないかと思います。
ただ、安定感はだいぶ上がったと思います。機能追加と安定性向上って感じです。

広告
カテゴリー: 仮想化 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中