「VirusScan Enterprise8.7i Patch1 リパッケージ版をインストール時のWindows Defenderの挙動」

「削除しますか」と聞いておいて、実際は削除しないで無効にしているだけ話。
http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeVse.asp?ancQno=VE09100201&ancProd=McAfeeVse
「同じ機能を持つセキュリティソフトウェアを複数実行した場合、障害が発生してしまう事があります。そのため、Windows Defender を無効にしてもよろしいですか?」とかちょっと長くなるけど、そう聞いてきた方が良いですね…この場合は。

■Microsoft Security Essentials 正式版へ

下記で公開されています。Windows XP/Vista/7 に対応。ただし Windows Server には非対応。
XP は SP2 以降をインストールする必要があるが、Vista の場合は SP なしの環境にも入れる事が可能(ただし、推奨はSP2を当てること。SP2 で Vista はだいぶ使える子になったので。)
http://www.microsoft.com/japan/security/default.mspx
http://www.microsoft.com/security_essentials/?mkt=ja-jp

で、早速この製品を偽装した偽ソフトウェアが現れていると言う事なので、検索するのではなく、
上記リンクからたどってダウンロードしましょう…とのこと。

それと、早速いろいろな批評が各セキュリティベンダから出ているらしいけど、「有償版だからといって安全」ではないし、セキュリティソフトウェアが誤作動を起こし、起動障害が起こったり、正規なソフトウェアの実行を妨げたりとかあるからなあ。それに某セキュリティベンダのサポートは日本語は話せるけど話が通じないとかもあるしなあ。

広告
カテゴリー: セキュリティ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中