INTERNET Watch 版 Microsoft Security Essentials の導入レポート

INTERNET Watch で「Microsoft Security Essentials」の導入レポートが公開されている。
…まあ、「何で今更」という印象を受けたのですが。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/20091211_334911.html
で、色々使用感レポートが書かれているのですが、

>Windows 7 が問題なく実行できるパフォーマンスを備えたPCであれば、Security Essentials を実行してもパフォーマンスの低下の心配はないのではないだろうか。

 いちおうこのソフトウェアは初期の XP マシンみたいな構成(たとえば、CPU:シングルコア/メモリ:256MB)でも動くように設計されているので、「Windows 7 が問題なく実行できるパフォーマンスを備えた PC」で問題なく動くのはあたりまえです…
 ということで、(XP 以降搭載の)古いマシンで何らかのセキュリティ対策ソフトウェアを入れて重くなっているような PC を使っているのであれば「Microsoft Security Essentials」をお勧めしておきたいと思います。
最近のPCをお使いならば、自分にあったセキュリティ対策ソフトを使うと良いと思います(もちろん、Microsoft Security  Essentials を選択肢の一つとするのも良いと思います)。

>Windows XP Mode は Windows 7 で互換性問題を生じるソフトウェアの救済策として提供されるものであり、本来はセキュリティソフトをインストールする必要はない

 何でそう、断言できるんだああ…USB メモリを参照するのって XP Mode でも出来ましたよね。確か("Windows XP Modeは実態としてはVirtual PC上で実行されるWindows XPそのもの" ですから)。

広告
カテゴリー: 雑談 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中