[memo] VMware Server 2.0.x のWebアクセスができなくなったら

VMware Server 2.0.x for Windows を使っていてWebアクセスができなくなった時の復旧手順を書いておく。

(1) サービスの画面から"VMware" を探すと、以下の6つのサービスが見つかる。

  • VMware DHCP Service
  • VMware NAT Service
  • VMware Server Web Access
  • VMware Host Agent
  • VMware Authorization Service
  • VMware VSS Writer

(2) とりあえず「VMware VSS Writer」を起動してみて、だめそうなら「VMware VSS Writer」以外を終了して、「VMware VSS Writer」を起動してみます。この「VMware VSS Writer」サービスは、VMware Server が動くために必要なサービスを正しく動くように順番にサービスを起動させるもので、5つのサービスが正しく起動すると自身は終了するのだとか。

(3) だめだったら、いったんVMware Server を削除。インストールし直してみる。
インストール後、再起動。Webアクセスを試してみる。

(4) だめだったら、クリーンインストールを行う。
アンインストール後、再起動して、以下のファイルをバックアップをとって削除。
C:Program FilesVMwareVMware Server
C:ProgramDataVMwareVMware Server
(5) 削除後、インストールして再起動。Webアクセスを試してみる。

私の場合はこれで復旧できました。最後に…
(6) Virtual Machine を Inventory に追加してゲストOSの起動確認。

広告
カテゴリー: 仮想化 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中