HP ML115 G5 に ESXi 4.0u1 をいれてみた

本当は、Xen もしくは KVM でやりたかったのですが、この ML115G5 は Athlon 64/Dual Core な CPU なので、Xen は動かないし、KVM はものすごく遅かったのであきらめて…です。

それに Xen や KVM は、すぐ隣に ML350 G5 があるのでそれで遊べ ウインク …いや、勉強すれば良いわけですし。

 ちなみに ESXi 4.0u1 は何の問題もなくすぐ入りました。ハードディスクの消費量からすると、500MB 程度…なのかな。
あとは vSphere Client をインストールしてそれでアクセスするだけ。簡単です。

 早速、ゲストOSとして openSUSE 11.2 x86_64 版をインストール。メモリは1GB割り当て。インストールは難なく終わり起動。…ううん、謎です。
 実は会社で検証用に ML350 G6 を使っていて、それに VMware ESXi 4.0u1 を入れて、ゲストで openSUSE 11.2 x86_64 を動かすと、何か動きがぎこちない….ところが、家の ML115 G5 に ESXi 4.0u1 をいれてゲストとして openSUSE 11.2 を入れてみたところ、特にトラブルなくインストールできましたし、動作も安定しています。
 結局、原因はわからずじまいですが、こういうことなんだと思います。

  • ESXi のハードウェアサポートが原因?
  • openSUSE 11.2 のバグ(openSUSE 11.1では再現しません)?
  • はたまた ML350 G6 がおかしい?

 とりあえず、正常に動くことがわかったので、お決まりの「openSUSEでプロキシサーバーを構築する手順」とかでも書きますかねえ。

広告
カテゴリー: 仮想化 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中