Active Directoryの構築

Windows Server 2003でも2008でも基本的には同じ方法で構築できました。
GUIで操作出来る分、思ったよりも分かりやすいですね。

ちなみにActive Directoryの設定は2008の方がいっぺんにサーバーをいろいろ立てるときに流れ作業で設定出来る分、楽でした。

で、いよいよXenDesktopの構築に移る訳ですが、公開されているマニュアルの手順に従って構築を始めるのですが、Windows Server 2003からActive Directory(Windows Server 2008 SP2で構築)に入ろうとすると、はねられてしまうという現象に四苦八苦(ちなみにXPでは入れました)。
結局今日はそこまで。明日続きをやろうと思います。

広告
カテゴリー: サーバ構築 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中