拡張機能の更新の方法を調査中なのですが詰まりましたw

http://gihyo.jp/dev/feature/01/firefox-addons/0007?page=2
を元に、Firefox 用の拡張機能A 1.0をhttpsの環境を作ってパス指定した場所に置き、Firefoxに古いバージョン指定した拡張機能A 0.9をあらかじめインストールしておき更新をかけてみたところ、エラーコンソールにこんな感じで出てきました。

警告: RDFItemUpdater:_parseV20UpdateInfo: No updates were found for:

{111f5cb8-be7d-441e-bd1e-c0dbf78ea4b1}

If you are an Extension developer and were expecting there to be

updates, this could mean any number of things, since the RDF system

doesn’t give up much in the way of information when the load fails.

Try checking that:

 1. Your RDF File is correct – e.g. check that there is a top level

    RDF Resource with a URI urn:mozilla:extension:{GUID}, and that

    the <em:updates> listed all have matching GUIDs.


警告: RDFItemUpdater:_parseV20UpdateInfo: No updates were found for:

{111f5cb8-be7d-441e-bd1e-c0dbf78ea4b1}

If you are an Extension developer and were expecting there to be

updates, this could mean any number of things, since the RDF system

doesn’t give up much in the way of information when the load fails.

Try checking that:

 1. Your RDF File is correct – e.g. check that there is a top level

    RDF Resource with a URI urn:mozilla:extension:{GUID}, and that

    the <em:updates> listed all have matching GUIDs.

エラーの原因として考えられるもの

  • オレオレ証明書によるhttpsじゃダメ?
  • GUIDの指定の方法が間違っている?
  • install.rdfの書き方がおかしい?
  • Fx3.0の方法では、Fx3.6には対応できない?

うまく動いていると思ったのですが…ダメだったようです。
もしここら辺の情報をご存知の方はコメントいただければ幸いです。

[現状]
  • http://centossrv.com/apache-ssl.shtml をもとに環境構築。
  • CentOS 4.8 を使用。
  • hostname: example.com
  • IP: 192.168.100.46/24
  • 拡張機能の置き場所: /var/www/html
  • URL: https://192.168.100.46/&#8230;
  • ブラウザでアクセス可能。ダウンロードも可能。
  • ポート80,443は解放している
  • SELinuxは無効に設定
広告
カテゴリー: アドオン パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中