Mac に Citrix Online Plug-in 11.1 を入れて XenApp 5.0 を動かしてみた

ESXi にWindows Server を入れて、XenApp 環境を動かすのに成功したので、記念にパチり。
意外と(*)スムーズに動いて拍子抜け。

 上記は Active Directory 上においた動画ファイルを XenApp 経由で起動した Windows Media Playerで再生させているところ。
Windows Media Playerだけでなく、OpenOffice の各アプリケーションもすべてスムーズに動きました。
もう少しチューニングすれば、もっとパフォーマンスをあげられるかも知れません。
 ちなみに上記では Firefox 3.6.3 を使いましたが、XenApp はブラウザ依存ではないため、Safari でも IE でも対応するプラグインを入れれば動作します。

ちなみに XenApp とは…
アプリケーションの仮想化を行うもの。
アプリケーションをサーバーで一括管理する事で、セキュリティホール放置の問題を回避する事が出来たり、高価なアプリケーションを効率的に運用出来る点などメリットが多いと思われる。

*「意外とスムーズに動いた」と書いたが、実際は「Macで動かす」調査に1週間ほどかかってますw

広告
カテゴリー: 仮想化 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中