Thunderbird 3.1を使ってみた

Thunderbird 3.0
 1万件のメールくらいであれば初回のデータベース作成はそんなに時間がかからないが、10万件のメールがあると何もアラートを出す事無くデータベース作成が暴走しだしてThunderbirdが死ぬか、OS側が応答無しになる。
Thunderbird 3.1
 7000件のメールでデータベースの作成に手間取り、暴走。CPUファンも全開で回り続ける。
応答無しにはならなかったが、受信トレイのメールはなんとか表示出来たのだけれど、送信トレイのデータがさっぱり見られない。
しばらくして見られるようになったと思ったら所々歯抜けがある様子。
 おまけにタイトルに菱形はてなの文字(=文字化け)が至る所にあり、難あり。
ブラウザと違い、メーラは文字化けを防ぐ事に注視した方が良いと思うんですよねー。

あと、メール本文の表示って、なんで等幅フォントなんでしょうか。
プロポーショナルフォントの方が文字はキレイに見えるのになあと常々、思っているのですが。

広告
カテゴリー: OSS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中