DVDメディアにみる製品選び

ここに二つのメディアがあります。
一つは大手メーカー製(原産国:台湾)25枚入580円のDVD-R(CPRM対応)。
もう一つは普段購入するビクター製(原産国:日本)50枚入1480円のDVD-R(CPRM対応)。

昨日、HDDレコーダーの整理をしようと、保存するものだけDVD-Rにダビングを行なったのですが、
580円のDVD-Rがやたらトラブる。
途中でエラーがおきて異常終了したり、書き込み時にやたら異音(ガラガラ…ゴゴゴ…)がする、ファイナライズできない、レコーダーがフリーズする、DVDが出せない…もう最悪でした。

で、さすがに懲りたので、50枚入りの方を開封してダビング開始。
あっという間に終了という…。
安かろう、悪かろうの典型ですね。
#まあ、高かろう、悪かろうよりマシですがw

相変わらず、パナソニックのDMR-EX300という古いレコーダーを使っているのですが、
こいつには、CPRM対応DVD-Rメディアはビクター製のDVD-RかパナソニックのDVD-Rメディアが相性が良いようです。
これからは気をつけて買おうと思います。

広告
カテゴリー: 雑談 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中